豆経本

守り本尊で心豊かな生活を!
守り本尊は、生まれ歳の十二支縁起によって定められています。
その干支生まれの人間を生涯にわたり見守って下さる御本尊です。
梵字 守り本尊 干支 説明
(キリク)千手観音菩薩  (ね) 千本の手があり、その手のひらすべてに眼がついていることか ら千手千眼観音とも言われる。数限りない人々の苦悩を観音様の大慈悲ですくいとり、願い事を叶えるために千本の手があると言われている。
呪文  オン・バザラ・タラマ・キリク
(タラク)虚空増菩薩  (うし)・(とら) 虚空のように広大無辺の智慧や功徳をもつ菩薩で、破壊されることのない蒼穹のように、

限りない功徳を与えるとされている。この菩薩の心言を百万回唱えると見聞きしたもの すべてを記憶できると言われている。「虚空蔵求聞持法」
呪文
   オン・バザラ・アラタン・ノウ・オンタラク・ソワカ
(マン)文殊菩薩  (う) 三人寄れば文殊の知恵と言われるように智慧を象徴しており、普賢菩薩と共に釈迦の脇侍として祀られている。文殊はインドのバラモンに生まれ、釈迦の弟子になった実在の人物。
呪文  オン・アラハシヤノウ
(アン)普賢菩薩  (たつ)・(み) 理性を象徴する菩薩で、本来女性であったが成仏して男性になったと言われる。 六牙の白象に乗って現れるこの菩薩は、人生の師として最高の境地に達した理想像と 言われている。
呪文
 オン・サンマヤ・サトバン
(サク)勢至菩薩  (うま) この菩薩は観音菩薩と共に。阿弥陀如来の脇侍で、観音様が慈悲の立場から人々を救うのに対し勢至菩薩は智慧の光をもって人々を救うとされている。 
呪文
  オンサンザンザンサク・ソワカ
(バン)大日如来  (ひつじ)・(さる) 宇宙そのものと考えられている密教の王。金剛界(精神)、胎蔵界(物質)の二つの形に表されるが同一尊格、その光明が遍く照らすところから遍照または大日と言われる。
呪文
  オン・バザラダドバン
(カン)不動明王   (とり) 不動明王とは動かざる尊者という意味で、これは、すべての人々を救いとるためには、ときには厳しく叱る必要から、見るからに恐ろしい形相をしているが、大日如来の仮の現れとされている。
呪文
  ノウマク・サマンダ・バザラダンカン

(キリク)阿弥陀如来   (いぬ)・(い) 極楽世界を主宰する仏。そのはたらきは「智慧」と「慈悲」で、無量無辺の慈悲は遍く衆生を救う仏である。
呪文  オン・アミリタ・テイセイ・カラウン

◎印⇒種子(しゅうじ):仏を象徴するサンスクリット文字(梵字)のことで、一文字で仏を表す。
◎守り本尊:正しくは「一代守り本尊」と言い、各本尊を信心することにより、自らの心の安寧を得、災厄を除き、仏の本願に叶う御利益が授かると言われている。

普通郵便にてお届け 簡易書留郵便にてお届け
一冊  1.000円(送料込) 一冊  1.300円(送料込)
二冊  1.910円(送料込) 二冊  2.210円(送料込)
三冊  2.820円(送料込) 三冊  3.120円(送料込)
四冊  3.730円(送料込) 四冊  4.030円(送料込)
五冊以上は 900円×冊数(送料込)

振込料は、ご負担をお願いします。
◎ご購入のさい、干支とご希望の色をお知らせ下さい。 なにぶん時間のかかる手仕事ですので、お届けに時間がかかると思いますが、よろしくお願いいたします。出来上がり次第メールでお知らせいたします。入金を確認後、郵送させていただきます。